掃除キライ主婦による手抜き掃除方法

「ぎゃ~、汚い」
大掃除の時期、思わず悲鳴をあげることはありませんか?
冷蔵庫の上や食器棚の上、換気扇など、
普段見ないところを見なければならない苦痛。

スポンサーリンク

そして磨かないといけないという試練。
水は冷たく、絞る雑巾で手はあかぎれます。

部屋はきれいになっても自分の手は荒れていくのですから。
年末の憂鬱ですね。

掃除はきらい、でも部屋はきれいな状態を保ちたい、
という私の性格は一言でいうなら、面倒くさがり。

いかに楽をするかを 例えば・・・。
・台所の棚や冷蔵庫の上、ほこりのたまりそうな所には、
ラップを敷いておく。
冷蔵庫冷凍庫の中、汁物で汚れそうな所にはキッチンペーパー。
汚れが目立ったらはがして替えるだけ。

・油で汚れやすいガスレンジ周りは、毎日使ったら拭く!
こびりつく前にスポンジ(激落ちクン)で軽く磨く。
油汚れ防止シートを貼っておいても楽ちん。

・ガス台の五徳など、油がとれにくい部品は、
重曹をつけて磨く。

・電子レンジにこびりついた食品汚れも
重曹をつけたスポンジで磨くと落ちやすい。




・換気扇に脂が付くと落ちないので、
フィルターをつけておく。
これも月一回くらいのペースで替えるだけ、
ついでに軽くスポンジで拭いておく。

・リビングのほこりのたまりやすい場所
(テレビ台の裏やソファの隙間)は羽根つきのハタキ
(100円ショップで売っている)で軽くはたく。

・お風呂にはバイオでカビ発生防止できる
便利グッズを天井に張り付けて、カビ予防。
毎年の恒例行事を繰り返しました。

結果、「大掃除はしない」がポイントだと気が付きました。

とにかく年末にまとめてきれいに掃除しようと思わず、
毎月少しずつ軽く掃除しておこう、
くらいの気持ちで取り組むと、そんなにヒドイ汚れはたまりません。
そして、100均を有効活用すると、
手軽に安く掃除用品を揃えられまえす。

手袋など使い捨てできて便利。
面倒くさがりな主婦が辿り着いた大掃除術は、
汚れやすい箇所にシートやラップで汚れ予防、
そして毎日こまめに掃除しておくこと、です。




????????

???PC????1??
???PC????2??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください