主婦の私が工夫していることは冬の電気代の節減!

冬には光熱費用が、跳ね上がります。
ここを上手に工夫することで、
電気代のコストが随分ちがってきます。

私は、まず保温できる電気ポットを止めました。

5分でお湯が湧くというポットを購入して、
深夜電力でお湯を沸かし魔法瓶に詰めます。

これだけで2500円程の節約になります。
光熱費の節約の基本は、
夜間電力料金の活用です。

夜11時すぎになると夜間割引になるので、
我が家はエコキュートを設置し
深夜電力を活用したお湯でお風呂に入ったり、
食器を洗ったりすることに使用します。




深夜電力でアイロン掛けやオーブン料理なども
行なうようにしています。

パンなどを焼くのも深夜電力。
携帯の充電、電池の充電なども
夜間料金を使います。

魔法瓶だとお湯はさめやすくなりますが、
さめても電子レンジでチンすれば
暖かいお湯として使用できます。

エアコンは16度設定にして、
点けたり消したりしない方がするより
電気代がかからないと言われています。

また、蒸気もつけておくと部屋全体も暖まりますし、
喉もいがらっぽくならずいいようです。

また、手の冷えには湯タンポを利用したり、
昼間はコタツを利用します。

こたつの電気代は、
余りかかりませんので経済的です。




デスクワークをしなければならない時は
足元には足温器をつけ、
暖房用エアコンは16度に設定しておきます。

こうすると、足元の冷えも防げますし、
足元を温めると体全体が温まります。

足腰の冷えには巻きスカートを着用し、
手の冷え予防に指先だけカットして
ある手袋を装着します。

指先か出ているので、
いろいろな作業がしやすくなります。

私は、この指カット手袋で
パソコン作業も寒くなく進めています。

料理は「ミルクスープ」「おでんもどき」
などをつくります。

もどきというのは、
冷蔵庫に残っている材料を使用して、
適当な食事をまかなってしまいます。

何でも余ったものを入れるので
冷蔵庫の片付けにもなります。




スープや鍋物は体を温まりますし、
暖房費の節約になります。

また、スープや鍋料理にすると
鍋一つで済みますから、余り食器も
洗わなくて済むので水道代の節約にもなります。

洗物が少なければ手荒れも
防げますから一石二鳥です。

調理は余熱料理をすることで、
加熱時間を節約できて合理的です。

光熱費は冬場に特に高くなりますから、
こうして合理的節約を工夫することで、
賢い主婦になれればいいなと思っています。

????????

???PC????1??
???PC????2??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください