お茶碗やコップの茶渋のとり方

カップの茶渋どのように取っていますか?

気がつくと湯呑みなどの内側にだんだん溜まってくる茶渋
その正体はお茶の中に含まれる渋みの成分であるタンニンが原因を知ってましたか?

これは美味しさのもとですが色素を含んでいるのできちんと洗い落とさないと徐々に
お茶碗の内側に蓄積していきます。

洗い方はクレンザーや台所用漂白剤を使うのが一般的でしょう。
が、粗塩も効果的で素材に分けて使い分けるのが良いでしょう。

[釉薬がかかりつるつるしている陶磁器は粗塩を使い穏やかに研磨するのがおすすめです。
あらじおで落ちない場合は研磨剤と界面活性剤の働きを持つ液体クレンザーを使うと良いです。
ザラザラしている陶器や傷つきやすいプラス製品、ゴムパッキンなどは、台所用塩素系漂白剤につけ置きをする。
ステンレス製の水筒などは湯で汚れを緩めてから粗塩でこすり落としていきましょう]
【レタスクラブ引用】

スポンサードリンク



「茶渋の落とし方」
● 粗塩かクレンザー →つるつるしている陶磁器
乾いたスポンジに粗塩を付けてこすります。
すぽんじに水をつけると塩が溶けてしまうので必ず乾いたもを使うこと
● ザラザラしている陶器、プラスチック、ゴム → 台所漂白剤
桶に水をためて規定療養を入れ表示時間通りに浸け置き洗いします。
汚れがひどい時はやや長めにつけておきましょう。

????????

???PC????1??
???PC????2??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください