足底腱膜炎2

毎日ストレッチは続けていますが、
少しずつ痛みは和らいで来ているように感じています。

ストレッチ方法をもう一度
足の指から足首にかけてそらします。

その際、10秒ほど足裏が伸びるようにします。

スポンサーリンク

これを、朝、昼、晩、10回を1セットにして
1日3セット以上目安に行ってください。

※予防は
足の形に合った靴をはくようにしたり、
アーチを支え、かかとにかかる負担を軽減する
靴の中敷きなどを使用したりすることも効果はありますね。

肥満の人は体重を減らすことも必要になりますね、
炎症が強い場合などは痛みが強い時は
病院に行くことをおすすめしますが、痛みは軽減しますが
一時的に軽くなりますが、また痛みはぶり返しますね。

私の経験からですがなかなか治っていきません。




ちなみに病院の治療法は
痛み止めを処方していただけます。
(痛い時に飲むように出されました)
痛みが強い場合はステロイド薬の局所注射が
行われることもあります。

が、かかとの脂肪繊維の萎縮や剣幕の断裂することに
注意が必要です。

私も、かかとが痛くて調べてみたのですが、
結石などの治療で使われている体外衝撃波を
患部に照射し、痛みを和らげる治療もあるそうです。

それでも治らない場合は手術で傷んだ足底腱膜の
付着部を切り離したりかかとにできた骨棘を取り除いたりします。

手術をし足底腱膜を切り離しても歩くことには影響はないようです。

痛みを我慢して歩いていると、無意識のうちに
痛みを回避するために歩き方がおかしくなりますよね。

痛みを回避したらどうなるのでしょうか?
いつしか、膝が痛くなったり変形してきたり、
股関節などにも負担になることにつながります。

私は、靴の中敷きを専門家に作ってもらって使っています。

気になる方は、日頃からのストレッチを心掛けて
痛みを回避出来るようにしたいものです。




????????

???PC????1??
???PC????2??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください