レモン酢でダイエットに挑戦3 豆知識

レモンは酸っぱいイメージしか無くなかなか食べる機会が無かったので、
知ってはいたけど、どんな成分があるのかは知らなかったです。

そこでレモンにはどんな成分があって効能というか
体にどんな良いことがあるのか調べてみました。

スポンサーリンク

果実や野菜の有効成分がわかったのは最近のことですよね。
でも、レモンに関しては成分も機能もまだ、分かっていません。

しかし、柑橘類を食べている人ほど生活習慣病を予防できます。
私はレモンの成分はビタミンだけと思っていた。

が、それだけではなかったです。【無知】

さて、レモンの中に入っている成分と作用は・・・
私でも知っているビタミンC
※ビタミンC
疲労回復や風邪の予防に役立ち、
肌や骨の形成に必要なタンパク質である
コラーゲンの生成にも無くてはならないものです。
ビタミンCに血液中野余分なコレステロールや
中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする
働きがあることが分かっています。
ビタミンCが豊富なレモンなど柑橘類を食べている人ほど
肥満や生活習慣病を予防できます。




※レモンポリフェノール
ポリフェノールは抗酸化作用を発揮する成分で
体内に増えすぎると病気や廊下の原因になる
活性酸素を抑える働きがあります。
レモンに含まれるポリフェノールには
3つのポリフェノール成分があります。
・エリオシトリン
・ヘスペリジン
・ケルセチン
結構むずかしいですね。

※クエン酸
レモンの酸っぱさのもとですね。
このクエン酸は細胞でエネルギーを生み出す
クエン酸回路で重要な働きをする成分
たとえば、疲れた時にレモンを食べると
クエン酸回路が働いて早めに疲労が取れ
体調が回復します。

このようにクエン酸回路とポリフェノールの
抗酸化作用の相乗効果により、
高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の予防や
改善にレモンが役立ちます。
【作りおきレモン酢本一部抜粋】




????????

???PC????1??
???PC????2??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください