いまが旬の新じゃが芋 新じゃがのビシソワーズレシピ

これからは新じゃが芋が沢山でてきますね。

最近は、じゃがいもの種類も沢山あり
よく見かけるのが男爵やメークイン、
きたあかり、レッドムーン、
いんかのめざめ、いんかのひとみ、
いろんな種類がありますよね。

スポンサーリンク

色もカラフルな物も最近出回って来てます。

男爵はみかんと同様のビタミンCが
含んでいてりんごだと5倍もある。

リンゴを一緒にじゃがいもを保存すると
芽が出にくいですね。

なぜかと言うとリンゴのエチレンガスが
芽に作用してでにくくなってるんですね。




デンプンが非常に多いんですが、
最近よくダイエットと聞きますが、
コンビニのおにぎりは非常にダイエットに
いいよと言われてるそうですが、
これはご飯を冷ましてそのまま食べると
ご飯のなかのデンプンが
レジスタントスターチていいまして
消化を遅くさせるんですね、
その次にいいものとしてじゃがいもなんですよ。

なので、じゃがいもも加熱して冷たくして
食べてもらうとレジスタントスターチが
増えて消化されないんですね。

消化されないスターチなので今、見直されています。

※新じゃがいものレシピ

新じゃがのビシソワーズ
「冷たいスープ」
じゃがいも300㌘
ぽろねぎなければ玉ねぎ80㌘
バター20㌘
牛乳200cc
生クリーム100cc
チキンコンソメ300cc
「コンソメ1ヶと水300cc」
新じゃがは皮をむいて薄く
好きなように切ってください。

ぽろねぎなければ玉ねぎを薄く
切ってバターで炒めます。

柔らかく炒めてチキンコンソメと
牛乳でよく煮込みます。

よく煮込んだら少し長めに
ミキサーをかけます。

よくミキサーをかけたら
濾すことはいらないです。

鍋に戻し生クリームと塩とコショーで
調味して、温かいのを食べてもらうのが
ポタージュパルマンティエと
言う名前のスープです。

冷やすとビシソワーズですね。

器に盛ってパセリを散らしてくださいね。

ここにかぼちゃを入れてミキサーに
入れてかぼちゃのスープ、ニンジンを
入れてニンジンスープ、トオモロコシ、
焼きトオモロコシを入れて
コーンスープになりますね。

スープのベースになりますので
お試し下さいね。

レジスタントとは抵抗するという意味です。




????????

???PC????1??
???PC????2??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください