幸せホルモンはセロトニンが関係していた。

セロトニンがきちんと分泌されているとしあわせ気分になれる物質

セロトニンが多く出てると気持ちが前向きになる逆にセロトニンが少ないと後ろ向きになる

うつ病の背景の1つにはセロトニン不足とも言われています。

スポンサーリンク

ちゃんと分泌されてると前向きな気分に、ハッピーに幸せホルモンと呼ばれている。

セロトニンはどんな物質?

セロトニンは脳の中で作られ脳の中で分泌されるつまり脳の中で働いているんだけど……
正確に言うと脳内物質

脳の他にも肝臓、腎臓など他のところでも作られている。

体調がよいのに目覚めが悪いスッキリしないなぁ!って感じたときはセロトニンが不足してるかもです。
スポンサードリンク





脳の中での働き

自律神経が関与して夜寝てる時に副交感神経で起きると交感神経にかわるんですね。

切り替わると血圧が上がったり体温が上がったりして体が動く状態になるのでこの状態をきちんと背後で作り出してくれるのもセロトニンです。

起きてうまく切り替わらないと体が重いと感じるときはセロトニンが不足しているかもね。

セロトニンの働き

心の面では、ネガティブな気分を解消してくれる働きをします。

幸せに関係があり気分をボジティブしてくれる。

私達の元気の源、ハッピーの源になるような物質ですから積極に分泌されるようになればハッピーに生活できますね。

顔とか姿勢の緊張をあげてシャキッと顔付きにしてくれるし姿勢も良くしてくれる

4つ目の働きでセロトニン神経がしっかりと働いて脳の中にセロトニンが分泌された状態でいると意識しなくても顔付きがシャキッとして小顔になったり目がパッチリしたり姿勢もよくなる。

特に女性にはありがたい物質ですね。

痛みの関係

痛みをコントロールしてくれる大変ありがたい脳の中の物質でうまく機能するとちょっとしたことでは痛いと感じないですが、分泌が少ないと大したことでなくてもあちこちが痛いと症状がでると困ったことになる。
セロトニンが不足すると?朝の目覚めが悪く不安が絶えずあってネガティブな気分になりますし、見た目も弱々しく顔付きもトロンとしてしまうのはまさにうつ病とかメンタル面の問題を抱えた人達の背景の1つですね。

スポンサードリンク



セロトニンを増やすには!

セロトニンの脳内分泌を増やす要因は3つ

1)太陽の光を浴びる
これは目から入る必要がある。皮膚は関係ないので長袖だったりUVカットなどは問題はないですね。

2)運動で基本的に歩行
呼吸、そしゃくと言う誰でもやる運動なんですが、しっかりと集中してすることで脳内のセロトニンの量が増える

3)グルーミング
人と人のふれあい、例えばペットを撫でるのをグルーミングといいまして人と人とが直接肌をふれあう、例えばエステやマッサージもそうですが、グルーミング行動などが第3のセロトニン要因として知られています。

スポンサードリンク




????????

???PC????1??
???PC????2??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください