どうして白髪になるか?

近頃、毛染めの回数がいやに早く1ケ月に1度だったのが
2週間位に一度になってきています。

白髪が黒くならないかな?と思いませんか?

人って白髪になる人とならない人がいますよね。
なんででしょうか?

スポンサーリンク

それは、メラノサイト(色素細胞)の機能が低下し、
メラニン色素を作ることができなくなり、
髪の毛が白く見えてしまうことが原因なのんです。

髪が白くならない人はこのメラノサイトの機能が低下
しないからなのですね。
羨ましいです。

スポンサーリンク



白髪になる原因は

老化やミネラル不足、遺伝、ストレスなどが考えられます。
その中でも、長く続くストレスによるものが自然治癒力を
低下させていて現代社会においてはストレスは止むおえないっちゃ止むおえない。

メラノサイト(色素細胞)が色素を作り出すメカニズム

実は、誰でも毛根で髪の毛が作られた瞬間は白髪なのです。
そこに瞬時にメラノサイトが黒い色素を埋めていくため、
髪が黒くなるのです。

つまり、髪の毛そのものを作る工場(毛母細胞)と、
その髪の毛に色を付ける工場(色素細胞)は別物なのです。
このうち色素細胞だけが弱り、
色素を作れなくなると白髪となって生えてくるわけです。

そもそも、黒色の正体、
メラニン色素の原料は髪の毛を構成している
18種類のアミノ酸の中の一つであるチロシンです。
そしてメラノサイト(色素細胞)はこのチロシンをチロシナーゼ
という酸化酵素によって褐色のメラニン色素に変えていくのです
(ヘアードクター発毛科学研究所より)

スポンサーリンク



????????

???PC????1??
???PC????2??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください