風邪を引いた、なかなか治らないどうして? 対処法2

風邪を引いてもうすぐ1ヵ月近くになるけど、なかなか治らないんです。
熱が出て多少は仕事を休んだけれど、でも早々休んでもいられないし、
熱が下がればまた復帰・・・・

そんな無理をしたのがたたったのか未だに治ってくれない。
どんな症状かと言うと、咳がなかなか取れないんだよね。

スポンサーリンク

医者の話だと、暖かくしてゆっくりすることだと行っていたけど、ゆっくりも出来ない。
こんな人はたくさんいるのではないかな?

仕事を持ってる人は大体そうでは無いんではないかなと思うんだけど・・・・

そこで毎日体を温めるのに生姜湯を飲んでるよ。
生姜湯の作り方こちらを参考に → 風邪を引いたみたい、ひき始めの対処方法!

早めに風邪薬を飲む

風邪薬も、体力がまだ消耗していない早めの段階で飲んだ方が体の抵抗力を高めやすく、効きやすいといえます。
風邪の初期症状のかんわには、鼻水や鼻づまり、喉の痛み、せき発熱などの症状に効く成分が一通り入った総合感冒薬を飲む、市販薬は種類が多いので、薬局の薬剤師さんに症状を伝えて選んでもらうと良いですね。
なお、総合感冒薬に咳止めなど、複数の薬を飲むと成分が重なって許容量をオーバーしてしまうことがあり、副作用などの恐れがあるので注意が必要です。
どんな薬も自分の判断で併用するのはNGなので一種類にしておこうね。
体の治癒力を高めるために出来ること

栄養をしっかり取る

ウイルスに対抗する体力をつけるためには、やはり食事が大事です。
良質のタンパク質や免疫力を高めるビタミンC、
粘膜を丈夫にするビタミンA(ベーターカロテン)を
含む食品を積極的に取るようにしてみてください。

食欲が無い時は、胃腸に負担をかけにくい野菜スープなどがおすすめ。
また風邪の時には普段以上に水分補給が必要です。
こまめにホットドリンクを飲むようにしましょう。

 ゆっくり休養する

風邪のときにはできるだけ安静にして、体力を消耗させないようにします。
適度な湿度、温度に設定した部屋で過ごし、充分な睡眠を取りましょう。
無理をすると、風邪をこじらせて肺炎や気管支炎になる恐れもあるため、
くれぐれも油断は禁物。

うがいは帰宅時だけでなく1日数回行うこと

のどや鼻の粘膜に付いたウイルスは4~5時間で細胞内に侵入し、増殖を始めます。
帰宅したときや、大勢の人と話したあとはすぐにうがいをして、
のどに付いたウイルスを洗い流しましょうね。
また、うがいには喉の粘膜に潤いを与えて、
ウイルスの侵入を防ぐ粘膜バリア機能を高める働きもあります。
そこで風邪予防のためには、1日数回うがいをすると効果的に!。
ただし、やりすぎても喉の粘膜を傷つけるおそれがあるので、
1日5回くらいまでにしておくことが良いと思います。

Sponsored Link



うがいができないときには緑茶を利用

力たyに含まれるkテキンには、強い抗ウイルス作用があります。
うがいをしにくい外出時などには、カテキン濃度の高い緑茶のペットボトルを携帯し、
うがいと同様に、まず緑茶を口の中に行き渡らせてから飲み込みましょう。
可能であれば少し上を向いて喉の奥を洗うようにするとさらに効果アップ。
洗い落として飲み込んでしまえば、ウイルスは胃酸で感染力を失います。

「グチュグチュ」うがいで口内を洗う

口の中の粘膜にもウイルスがついている可能性があるので、まずは口内を洗います。
水(ぬるま湯でもOK)を口に含み、口の中全体に水をいきわたらせるる感じでグチュグチュして書き出すことを2~3回繰り返します。

「低音」うがいでのどを洗う

次に水を口に吹くに、上を向いてガラガラ等がウヲします。
このとき「あ~」とできるだけ低い声を出すようにすると生体が広がり、喉の奥まで洗いやすくなります。
約15秒の低音うがいを2回繰り返します。

時々部屋の換気を行う

家族に風邪を引いている人がいなくても、服などについて外から持ち込まれたウイルスが、部屋の空気中に漂っていることが有ります。
浮遊しているウイルスを減らすためできれば約3時間毎、無理ならば日に1回でも、窓を5分ほど開けて
換気する習慣をつけましょう。

マスクは隙間ができないようにマスクをしてくださいね。

マスクにはウイルスを吸い込むリスクを下げると共に、自分の息の湿り気で吸う空気の湿度を上げて、
花や喉の粘膜の潤いを高める効果が。
人混みに出かける際には必ずマスクをし、粘膜保護の意味から、外に出るときや空気が乾燥したオフィスなどでもマスクをすると良いでしょう。
ガーゼのマスクより不織布のもののほうが繊維が緻密でガード力がありますが、どんなマスクの極力隙間ができないよう、
顔に密着させることが肝心です。

 マスクの付け方

1)プリーツを広げて伸ばす
プリーツマスクはプリーツを上下に広げて伸ばし、マスクが立体になるようにします。
2)顔にピッタリフィットさせる
ウイルスがひだの隙間に溜まらないようプリーツを下向きにして花の上から顎までをマスクで確実に覆います。
ワイヤー入りのものは花のあたりを押さえてフィットさせ、両頬も押さえて顔にマスクを密着させます。

マスクは使い捨てにするのが基本

使用したマスクにはウイルスがついているので、使い捨てにするのがベスト。
最低でも毎日取り替えるようにして。
ただし、電車の中で咳き込む人がいた時でも状況によってはすぐにマスクを取り替えるのが懸命です。
外出時には代えのマスクを2枚ほど携帯すると良いでしょう。

関連記事はこちらを参考にどうぞ。
風邪かなと思った時には実はもう風邪をひいている!?
風邪を引いたみたい、ひき始めの対処方法!
風邪を引いたら部屋の換気や湿度にきをつけて!
風邪をひかないためには手洗いから!!

Sponsored Link



????????

???PC????1??
???PC????2??